夏に起こる乾燥トラブルの原因と肌のケア

> 男性美容 > 夏に起こる乾燥トラブルの原因と肌のケア

夏はとても強い紫外線や倒れてしまいそうになるくらいムシムシした暑さ、効きすぎる冷房などで夏の肌環境はとても悪いです。その過酷さは冬以上とも言われています。肌の表面は一見湿っているように見えますが肌の内側では乾燥が進んでいます。そのため肌が乾燥しているという実感がなくお手入れが手薄になってしまいます。そうなると乾燥が進み老化の引き金になってしまいほかっておくとシミ、シワ、たるみなどの肌トラブルにつながっていきます。

夏に起こる乾燥トラブルの原因を四つ紹介していきます。

1. 人間は暑いと汗をかいて体を冷やそうとします。夏になると汗の量が増加し健康な肌を構成している成分までも一緒に出て行ってしまいます。すると肌の中がカラカラになり乾燥していきます。

2. 化粧水や美容液などで保湿をしていても乳液やクリ-ムなどをべたつくといった理由で避ける人が少なくありません。そうすると保湿していても油分でふたをしていないので潤いは汗と一緒に出て行ってしまい結果乾燥肌になってしまいます。

3. 夏になると皆さん冷房の効いた冷たい部屋で過ごすことが多くなると思います。そうすると体が冷えさらに冷たい飲み物などで体の芯まで冷やしてしまい血行不良をおこし乾燥を加速させていきます。

4. 夏の強い紫外線を過度に浴びてしまうと潤いを維持することが難しくなっていきます。肌はバリア機能が失われると角質ため込んで自らを守ろうとする機能が働きます。そうするとスキンケアの浸透が悪くなりより乾燥が進んでいくという悪循環が生まれてしまいます。

夏の正しい肌のケアの仕方

1. 夏になると特にシャワ-だけで済ませる人が多いのではないでしょうか?シャワ-だけで終わらせるのではなく5分だけでも湯船につかることで血液循環をスム-ズにし肌のすみずみまで潤いが届きやすくなり乾燥をしにくくなります。

2. 汗など汚れをふき取った綺麗な肌の状態で化粧水や美容液などで保湿して最後に乳液やクリ-ムなどの油分で潤いが逃げないようにふたおしてあげましょう。べたつきが苦手な人はジェルクリ-ムなどがおすすめです。

3. どんだけ肌のお手入れをしても紫外線をしっかりブロックできなければ水の泡になってしまいます。日焼け止めクリ-ムなどでしっかりと紫外線予防をしましょう。

当店では、光フェイシャルなどでコラ-ゲンの生成を促すことができるのでもし気になった方はご予約お待ちしています。