アフターケア

> メニュー一覧 > アフターケア

脱毛の注意事項とアフターケア

脱毛は施術を受けて終わり。ではありません!
脱毛施術を受けた後にはお肌が敏感になっていますので、お肌のアフターケアが大切です。また、脱毛期間中にはいくつか守っていただきたい注意点もございます。脱毛のアフターケアを怠ってしまうと、炎症などの肌トラブルを招いてしまったり、十分な脱毛効果が得られなくなったりする可能性があるのです。

日焼けには注意してください。(日サロも入ります)

当サロンでは施術の前にお肌のチェックとお肌の色のレベルを計りお客様の肌にあった施術を行いますが、日焼けしている状態ですとお肌の本当の色がわからなく、違った施術をしてしまう可能性がありますので、日焼けや日サロなどは避けてください。

保湿をしっかり行ってください

脱毛直後から数日間は普段より念入りに保湿をして、保湿クリームや化粧水などでお肌に十分な水分を与えるようにいてください。
保湿には普段お使いの物で大丈夫です。専用のケア用品などは必要ないです。

無駄毛の処理はカミソリではなく電動シェーバーで行ってください。

脱毛期間での毛の処理は気おつけてください。
カミソリや毛抜き、脱毛ワックスでの自己処理はおやめください。
毛抜などで毛を毛根から抜くと施術の際に十分な効果がえられなくなってしまいます。
脱毛期間の毛の処理は電動シェーバーで自己処理をするようにしてください。

当時はシャワーだけにしてください

脱毛後の入浴が禁止されている理由は、皮膚の体温を上げてしまうためです。脱毛施術では、毛穴だけでなく肌にも刺激を与えるため、肌に赤みや火照りといった軽い火傷のような症状が現れます。
一般に、皮膚の体温が上昇すると、血管が広がって血流が増加するため、これらの症状が悪化する可能性もあります。どうしてもお風呂に入りたいという方は。熱いお湯ではなくぬるいお湯でつかるようにしてください。湯船につかり痛みを感じる場合には湯船につかるのをやめてください。

赤みや炎症には冷やしたり軟膏を塗ってください

施術後から数日間はお肌が敏感になっており、カミソリで毛をそった方は赤いボツボツができている可能性があります。
赤いボツボツや炎症がおきている状態の方は軟膏などを塗ってケアをしてください。

サウナや激しい運動は控えましょう

施術当日は激しい運動を控えるようにしてください。
汗をかいた状態のお肌は菌が繁殖しやすい状態になっており、施術後のお肌は大変デリケートの為、菌が入り込むと毛嚢炎などの肌トラブルに繋がりかねませんので汗をかく行為は避けてください。

光フェイシャルの注意事項とアフターケア

光フェイシャルの施術を受ける方は来店前に洗顔などできれいな肌の状態にしてください。
※化粧水は大丈夫です。
今回はトリートメント後の注意事項についてです。

UVケア【日焼け止め】をしっかりする

施術後に日焼けをしてしまうとお肌のメラニンが活発化してしまい、炎症や色素􏰁着をし てしまう恐れがあります。施術後一週間はなるべく 紫外線を浴びないようにしてください。日焼け止めクリームを塗ったりしてください。

保湿をしっかり行う

光フェイシャルではご自宅でのケアも非常に大切です。トリートメント後はお肌に熱がこもりやすく乾燥しやすいのでいつも以上にしっかり保湿をしてください。洗顔後は化粧水・美容液。乳液などは絶対に塗ってください。顔パックなどをすると、さらに効果UPです。

洗顔はなるべく一日2回

洗顔は一日2回までにしてください。洗いすぎもよくないです。洗顔はまず手を洗い清潔な状態にしてから行ってくさい。洗顔とは、美しい肌のための、もっとも基本的なスキンケアです。洗顔がきちんと行えていないと、ニキビやさまざまな肌悩みに繋がりやすいと考えられます。

サウナ・激しい運動・長時間の入浴は避けて下さい

施術後はお肌が敏感になっています。汗をかくと菌が繁殖しやすくなってしまいますので汗をかくことは避けてください。お肌は常に清潔にしましょう。

ダウンタイム

ダウンタイムなどは特にありませんが、継続的に続ける事が大切です。1回施術しただけではあまり効果がきたいできず。4回目ぐらいから効果が現れてきます。日々の生活や洗顔なども大事になってきますので心がけましょう。

ホワイトニングと白い歯

意識して歯を磨くだけで普段の歯磨きより、汚れを取る効果が全然違う。とい言われております。
人間の第一印象は見た目で決まるとまで言われています。白い歯だと自分自身に自身がつきます。白い歯を継続させるには日々の歯磨きなどが大切になってきます。
歯磨きは朝昼夜と絶対にするように心がけてください。
ホワイトニング後の注意事項としては、飲食物です。色の濃い食べ物や飲み物は、歯に着色しやすくなっていますので、ホワイトニング後の食べもは注意が必要です。

ホワイトニング効果が出にくい歯の特徴

フッ素効果の入った歯磨き粉を使用している方は効果がでにくいです。
フッ素にはホワイトニング剤が歯に浸透するのを阻止してしまうという効果があるため、フッ素コーティングをしている人はホワイトニングの効果が十分得られな可能性があります。

歯石が歯に付着していとホワイトニング効果薄くなってしまいます

歯石がホワイトニング剤の浸透を阻止してしまいますの、歯石がある場合は歯医者で歯石取りをしてからホワイトニングする事をおすすめします。

当サロンのホワイトニングにご興味のある方へ

当サロンのホワイトニング歯にダメージを与えませんので、何度でも安心して行うことができます。効果は個人差や歯の状況によって異なりますが、回数を重ねるたびに本来の白さになっていきます。